駐在員妻ブログinChina

春から夫は中国駐在員となった。
そしてこの秋より家族帯同となり、
私は駐在員妻となる。

子ども2人。
幼稚園と乳幼児。
私は30代の専業主婦。
夫は30代の会社員。

この半年でいろいろあった。
夫婦の危機、浮気もされた。

自分の経験が誰かのためになれるようなブログにしたいです。

日本人駐在員

こんな夜分にごめんなさい。

眠れない、涼皮です。


私がブログを書きたい!

と思ったきっかけ。


駐在員 浮気

単身赴任 浮気


とインターネットでこれらのキーワードを検索したら、その類の情報を得られます。

私も当事者になるまでは気にもとめなかったことです。

危機感が過去の自分にはなかった。

情けない。

もっと自分がこうしていたら、

後悔しています。


旦那に愛されている自信があったけど、

簡単に崩れ落ちました。


検索ページを少し見てもわかるようにはっきりいって、90%以上は黒なんじゃない?ってぐらい、現地で暮らす私の目からみても日本人駐在員たちは浮気をしている。


昨日、目撃したのは50代は過ぎたであろう冴えない普通の顔、ノーネクタイ、腹の出た黒いスーツ姿の装いに厚みのあるショルダーバッグを下げた男性。


現地では高級料理とされる日本料理焼肉店…店名は××××前で待ち合わせを果たしていた。

発音の悪い中国語で得意げに大声で今日は一人で来た?と会話まで聞こえた。

素人目でも整形顔とわかる中国娘が腰まである髪をなびかせながらすぐさま相手の男性の隣に近づいていた。

そして2人は夜のネオン街に消えた。


いかがわしいこととは無縁のただの待ち合わせだったのかも知れない。

あるいは仕事の打ち合わせだったのかもしれない。

それとも彼は日本人ではなかった?

憶測でものを言う私、

2人の関係の真相は何一つ明らかではない。


ただ私の眼力では彼はありきたりで典型的な日本人駐在員のひとりにみえた。


時間は夜の10時過ぎ。


私は下の子どもを抱っこして帰宅への帰り道でのこと、上の子はパパと手を繫いで先を歩いていた。


それをみた瞬間に脳内から、また、旦那の上司に対する憎悪感に襲われる。

その先入観があるから、余計に私の眼力は鋭く、日本人駐在員たちのそういう行動がそういう行動でしか目に映らないのかもしれない。


浮気されても一緒に渡航できないから仕方ないと割り切る奥さんも世の中にはいるのかな。

生活費さえ渡してくれたらいい、

すでに冷め切った関係や、自分自身が浮気をしている奥さんもいるかもしれない。


様々な理由で帯同できない奥さん、旦那様だけを愛している奥さんがあなたの奥さんの場合なら、せめて絶対に絶対にばれないようにしてください。

墓場まで浮気の事実は持って行って下さい。

奥様と会う前は携帯電話の記録、相手と関連あるものすべて削除してください。女の人は感が強く、一枚も二枚も男の人より上手です。不信感から浮気を問い出されても否定してください。仮にそこで認めるなら、もう2度と浮気はしないで下さい。覚悟して下さい。

あなたの寂しい思い、一時の快楽、現地の女からお金で買わないで下さい。そのお金は家族のお金です。あなただけのお金じゃない。


奥様は欲しいもの我慢しているのかな?

美味しいご飯食べているのかな?

美容院に行っているかな?

子どもの世話で自分の時間さえないのかな?


赤の他人でも裏切り行為なら、他人事とは思えないんです。

絶対に奥様を傷付けないでください。


彼には全くの見当違いかも知れません。

お心当たりのある紳士な男性に向けて。

書きました。

はじめまして。

はじめまして!

こんな夜分にごめんなさい。


私は涼皮(リャンピー)

と申します。


涼皮は中国の食べ物です。

米粉を使った平たい麺と、きゅうり、調味料などを混ぜて食べます。

モチモチとした食感の麺が酸味の引き立つごまだれと絡み、パクチーときゅうりの千切りの食感との相性も抜群で、私が好きな中国の食べ物のひとつです。


これから、私の出来事をブログに匿名ですが綴っていきたいと思っています。

ブログ初心者で、使い方もわかっておりませんがよろしくお願いします。


駐在員妻の方に、

これから夫と離れて暮らす方に、

自分と同じ境遇の方に、

妻として夫だけを疑いもせず

愛している方に、

また、現在、単身赴任や駐在員で家族と離れて暮らすと言う男性の方にも、

目を通してもらえたらと思っております。


綴ることで、私自身も心の痛みから解放されたいですし、第三者のご意見も知りたいです。